無添加、オーガニック化粧品で気をつけた方が良いこと

少なからず反応する可能性があるのであれば、防腐剤は入れないにこしたことはありません。しかし“無添加”や“防腐剤フリー”と書かれた商品やオーガニック化粧品を選ぶ場合にも少しは気をつけることがあります。

これらは文字通り、化粧品の劣化を防ぐ成分が入っていないため使用期限が短くなることです。

中には開封後は冷蔵保存が必須で、1ヶ月以内に使い切らなければならないものもあるほどです。



実際の期限は化粧品によって違いますが、長くても3~4ヶ月を目安に使い切ることをオススメします。不衛生な化粧品で肌トラブルをおこしてしまったら、無添加のものを選んでも意味がないので、早めに使い切るのがオススメです。

こういった商品の中には、パラベンやフェノキシエタノールといった有名な防腐剤を悪者扱いしているだけ、という場合もありますのでご注意を。そういった化粧品の成分をよく見てみると、使用実績が浅く、臨床データもあまりないような防腐剤を使用していることもあるので、気をつけなくてはいけません。

0回の閲覧