何故?化粧品に防腐剤を入れるのか?

化粧品に防腐剤が配合される理由の1つは、化粧品には微生物が繁殖しやすいことがあげられます。と言うのも化粧品には、カビや細菌の栄養になる成分が多く含まれているため、こういった微生物の絶好の繁殖スペースになるからです。カビが生えたり、劣化した化粧品を使ったりすると、肌に深刻なトラブルをもたらしかねません。繁殖するカビには、「アフラトキシン」という、強い毒をつくりだすものもあります。

また、現在の薬事法では、「基本的に化粧品は製造または輸入後、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状および品質が安定なものでなければならず、3年以内に変質するおそれのあるものは『使用期限』を表示しなければならない」と定められています。つまり、化粧品は、よほどひどい条件で保管しないかぎり、未開封で3年間は、品質が保てるようにつくられていなければならないのが2つめの理由になります。

このように、防腐剤を配合することで、菌が入って品質が落ちるのを防いだり、劣化したものを使って肌トラブルが起こるのを防いだり、長く使えるようにするために効果があります。また低コストで済むのも、防腐剤が配合される理由の1つになります。





0回の閲覧