「顔ダニ」?知ってますか?

皆さん、「顔ダニ」というものをご存じですか? 字面からしてなんだかおぞましいイメージを感じ取られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はこの「顔ダニ」。知らず知らずのうちに肌トラブルの原因になっているかもしれないのです。ニキビやかゆみ、その他肌荒れでお悩みの方はよ~く読んで改善に役立てて頂ければ幸いです!

顔ダニとは、人間の肌に寄生する原虫(微生物)の一種で、毛穴や皮脂腺にいるものを指します。大きさは0.2~0.3㎜ほどで、顔全体だけでもなんと200万匹以上住んでいるのだそうです。知ってましたか?ちなみに私は全く知りませんでした・・・

しかしたくさんいるから肌トラブルに直結するという訳では決してないらしく、常在菌という「誰の身体にも存在し、病原菌ではないもの」という扱いになるらしいですので、皮膚科医などでもあまり気にしない方が多いとのこと。

顔ダニは、驚くことに成人ではほぼ100%に存在しています。顔ダニを持っていない人間は生まれたばかりの赤ちゃんくらいで、大人が赤ちゃんに頬ずりなどをすると顔ダニをうつしてしまいます。


顔ダニにも種類?

人間に寄生する顔ダニには2種類あり

「ニキビダニ」:毛根に住んでいるダニで、英名の「デモデクスフォリキュロラム」とも呼ばれます。何匹かの群れで存在します。

「コニキビダニ」:皮脂腺に住んでいるダニで、英名の「デモデクスブレビス」とも呼ばれます。ニキビダニとは違い、単独で存在します。また、ニキビダニより少し小さい。

どちらも基本的には人間の皮脂をエサとしているそうです。


顔ダニが異常発生する原因

重要なのは、ニキビダニやコニキビダニが存在することは当然であり、それがニキビや肌荒れの直接の原因では無いということです。

これらの顔ダニが異常発生することが原因で、どのような時に異常発生してしまうのかについてご説明します。

①免疫力の低下

肌の免疫力の低下によって顔ダニが異常繁殖するということが考えらております。これは肌免疫と呼ばれるもので、紫外線・乾燥・栄養バランスなどに気を遣うことによって整えることができます。肌免疫が下がると、顔ダニだけでなくシミやシワも際限なく増えてしまうことがありますので、本当に要注意となります。

②皮膚の衛生悪化

皮脂をエサにする顔ダニですから、皮脂の分泌が多いと異常発生します。皮脂の分泌を抑えるには、(水だけではなく)洗顔料を使って洗顔をしっかりする・保湿する・油ものを控えるなどといった基本的なことが重要になってきます。夜寝るときに汚れたままの肌では顔ダニの餌食になるだけですのでご注意ください。他にも寝具、(女性であれば)化粧道具の手入れ、(男性であれば)ひげの手入れなど、「肌」以外のものに気を配ることも必要となります。肌に触れるものであれば須らく清潔にしておくことをオススメします。

③顔の洗いすぎ