アーバンガーデニング

EMとは

EM菌(通称:EM*)は

Effective(有用な)

Microorganisms(微生物たち)

の英文の頭文字に由来しています。

その名の通り、

特殊なひとつの菌ではなく、

乳酸菌や酵母菌、光合成細菌など、

どこにでもいる微生物で

人間にとっていい働きをしてくれる

微生物の集合体です。

 

そもそも

EM菌」という菌は存在せず、

EM中の微生物の集合体の総称として

広く使われています。

​MERIT

-美点・価値-

安全・安心

お子様やペットを守る

EMの中心構成細菌は、

ヨーグルトでおなじみの乳酸菌、

パンづくりに活躍する酵母、

田んぼの中にいる光合成細菌の

3種類です。

化学合成物質を

一切使用しておりませんので、

肌に触れても、

万が一口に入っても

全く問題がなく、

人も地球も元気にしてくれる

微生物たちの集合体です。

小さなお子さんや

ペットがいるご家庭でも、

安心して使う事ができます。

自然の消臭原理を用いた

悪臭のない生活

EMはニオイ消しにも

効果的を発揮いたします。

化学的な消臭成分を

使用してごまかしたり

することなく、

いやなニオイの原因を

微生物の力を用いて

根本から取り除きます。

 

また、川や海に

EMを投入すると

川底にたまった

ヘドロも悪臭も

微生物の活動により

分解されて

消えていきます。

 

自然の原理に基づいて

悪臭のない快適な生活を

送ることができます。

使えば使うほど

​効果も影響も増大

EMの使い方と効果は無限大と

いわれております!

微生物の力で分解し

生ごみを肥料にして

家庭菜園に使うことで、

おいしい野菜が

沢山採れるようになります。

また、掃除に使えば

消臭作用効果により

ニオイの除去や

汚れ対策になります。

 

様々な分野で

取り入れられて

世界的にも

自然環境を壊さずに

​安全に使用できます。

廃水が環境浄化につながります

EMが世界中で注目されているのは

EMは世界中で海や川の浄化に

効果を発揮しているからです。

毎日の石けんに使用する水の量は、

人口の多さに比例して多くなりますが

計り知れないほどの多くの水が

川や海に流れ出ます。

通常の石けんには化学合成物質が

たくさん含まれておりますので

排水に流れ出る汚水は

その化学合成物質により

環境を少しずつ汚染していきます。

何故なら、化学合成物質成分は

自然界では分解できない

物質成分であるからになります。

それに比べてEM菌を配合した石けんは

1日で水と二酸化炭素に分解され、

石けんカスは微生物や魚のエサになるため、

環境負荷を減らします。

 

ですので

天然由来成分の成分のみで作られた「HOHOEMI」は

​しっかりと分解されます。

EMを使用した石けんの汚水やお洗濯の廃水は、

めぐりめぐって海へつながり、

おうちの中から地球の環境浄化活動に参加し

環境改善になると考えられています。

ACTION

​―3つの作用―

1:抗酸化作用

「抗酸化」とは、「酸化」と反対の作用を示す言葉で、酸化させない状態のことを言います。

酸化の身近な例としては、鉄がボロボロに錆びたり、カーテンが日に焼けて黄ばんでくることなどを酸化といいます。

 微生物の世界で言うと、微生物が食べ物を発酵させて、より栄養価の高い食べ物に変化させることを「抗酸化」、反対に食べ物を腐らせて、人間が食べられない状態にすることを「酸化」と言います。

 EMは抗酸化の力で、酸化させない状態をつくり出すことができます。

2:非イオン化作用とは

ある物質の電荷がプラスまたはマイナスの状態にあることをイオンと言います。

「非イオン化」とは、イオンが安定した原子や分子の状態に変わることです。

化学反応が起こりにくくなり、それによる有害物質の発生などが起こらなくなります。身近な例では、ホコリや汚れがつきにくくなったり、悪臭が消える等の減少がそれにあたります。

 汚れやニオイも、化学的にみると、電子が関係しております。

EMの本質的な効果は、

1:「抗酸化作用」

2:「非イオン化作用」

3:「エネルギー転換作用」

​この3つがセットになることで、

蘇生(シントロピー現象)が引き起こされると言われております。

3:エネルギー転換作用とは

 エネルギーには運動エネルギー、熱エネルギー、光エネルギー等、色々な種類があります。

「エネルギー転換作用」とは、別の種類のエネルギーに変えてしまうことを言います。身近な例では、植物の光合成がそれにあたります。光合成により二酸化炭素を酸素に転換しているのです。光エネルギーを生物が生きる上で必要な物質に転換しています。

 EMにも、他のエネルギーを用いて有用なエネルギーに転換し、利用する力があるため、様々な分野で応用されています。